活動情報

第63回理事会を開催

date:2012/10/27

第63回 理事会

第63回 理事会 2012.10.27平成24年10月27日(土)午後1時30分より、本部6階会議室において、日本建設組合連合の第63回理事会が開催されました。馬場章年会長を始めとする総勢15名が出席し、各専門委員会からの報告及び平成24年度上半期における予算執行状況等に関する報告事項について討議されました。


会議の冒頭、馬場会長より、「本日は、6月に開催された第62回理事会以降に開かれた専門委員会に関する報告及び上半期における予算執行状況に関する報告等を行う予定である。」との挨拶がありました。

引き続き、建設連合愛知県中小建設組合の川島實理事長が、平成24年7月28日に逝去されましたが、後任として副理事長である青島智代氏が選任されたとの届け出について報告されました。

次に、社会保障委員会から、今年度に開催された委員会と国保組合との合同会議の論議を経て、第3回会議を7月21日に開催し、「建設関連業の位置付けと国保組合加入への取組みに関する中間報告について」、「日本建築業国民年金基金の運営安定化」の2項目の課題に関して討議を行い、続いて、8月1日に建設連合国保組合員の範囲に係る打合せ協議を国保組合と行い、10月11日に開催された国保組合との合同会議において、加入資格業種の判定基準及び組合員資格確認調査等に関して、国保組合から提示された内容について報告が行われたこと。また、日本建築業国民年金基金からの「安定的に運営していくための新規加入員及び増口の獲得等」に係る支援依頼に関して協議を行ったことが報告されました。

組織対策委員会からは、委員長より提出された「一般社団法人の設立」に関して報告があり、機関概要及び社員総会の議決権の在り方等について、今後、更に論議を深めていくことが協議されました。

次に、「平成24年度上半期予算執行状況」に関しては、会費収入及び事業費、管理費等の支出については、概ね順調に推移していることが報告され、引き続き、「災害見舞金支給状況」及び「第17回建設産業視察団の派遣」、「全国建設業労災互助会における制度改定」等に関する報告事項が協議されました。

 

← 一覧に戻る

このページの先頭へ ▲

日本建設組合連合の会員組合はこちら

官公庁からのお知らせ

住宅瑕疵担保履行法

日本建設組合連合 | JAPAN CONSTRUCTION COOPERATIVE ASSOCIATION

〒105-0003
東京都港区西新橋1-6-11
西新橋光和ビル6F

主な事業内容

  1. 建設連合国民健康保険
  2. 日本建築業国民年金基金
  3. 小規模企業共済
  4. 建設連合災害基金
  5. (一社)全国建設業労災互助会
  6. 建設連合建設産業海外視察団
  7. 労働保険事務組合/一人親方労災